ワンルームを寝食分離

とにかくポイントは、「くつろぎ= Living」「食事=Dining」 「就寝= Bed」の三つのうち、「食」と「寝」の区別を意議してレイアウトをすることです。I「食」は友人が集まったり、パブリックにも使う場所。それに対して「寝」は人の目にさらさないプライベートな場所です。「食」と「寝」が互いに目に入らないことで、食事がないがしろになることなく、就寝時も生活のあれこれが目に入らずリラックスできます。「食」と「寝」の分け方には左ページのようにいくつかありますが、どれを選ぶかは生活スタイルや好みで決めるといいでしょう。もしデスクやソファなど他にも家具を置く予定があれば、この時点で一度全体のレイアウトを計算し、それから決めるのも良策です。そして「くつろぐ」場所は、専用のスペースや区切りは必要ありませんが、忘れてはいけません。本を読む、メールを打つ、だらだらする。フアやべッドの上、どこでもいいので何気ないことのできる余裕も部屋に持たせましよう。こうして、それぞれの場所を意議し少し区別することでだらだら生活とはオサラパなのです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中