羽衣チョークってどんなもの?

チョークといえば学校ではおなじみのものだ。お世話になったことがない人はまずいないだろう。
先生に指名されて黒板に答えを書いたり、当番で黒板消しのチョークの粉をはたいたり。マンガやドラマなどでは寝ている生徒に先生が投げるシーンでも必須のアイテムだ。

そんななじみ深いチョークが、先日から話題になっている。
それがチョークの老舗、羽衣文具が廃業するというニュースだ。

●学校の必需品なのに、なんで廃業に?
チョークは、学校がある限り、無くなることがないと、思っていた。
しかし、実は違っていたのだ。

少子化で子どもが減っていることに加え、なんと電子黒板の普及がチョークの需要を下げているというのだ。
まだすべての学校で電子黒板が利用されているという状態ではないものの、これから確実に増えていくのは目に見えている。そうすると、どんどんチョークの出番はなくなってしまうわけだ。

加えて羽衣文具では後継者が不在という問題もあるのだそうだ。社長も体調不良ということで、やむなく廃業を決意したのだそうだ。

●品質を証明する「爆買い」で話題に 惜しまれる羽衣チョーク
老舗企業の廃業。こうした例は、残念ながら珍しいことではない。
それなのに、なぜ羽衣文具の廃業が話題になっているのか。それは廃業が発表されるやいなや、羽衣チョークが「爆買い」されたからだ。

チョークを爆買いするなんて、「誰が?」 「なんで?」と不思議に思うのも当たり前だ。別にチョークは羽衣チョークだけが生産しているわけではない。
まだチョーク自体が手に入らなくなったり、なくなったりするわけじゃない。だから、そんなに焦ることもないはずだ。

しかし、実はこの羽衣チョーク。ものすごいスグレモノだったのである。
羽衣チョークは、とにかく書き味が良い。粉が出にくく、そして折れにくいという。

チョークを常に使っている教師や塾の講師にとって、羽衣チョークはほかの製品には代えがたい品質のチョークなのだそうだ。

チョークにいろいろな製品があるなんてことを考えたこともなかった筆者にとって、これは目からウロコの事実だった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中