サン ローラン、新コンセプトショップをオープン

新コンセプトによる最初のショップは10月に上海でオープン。3200平方フィートの店はクリエイティブ・ディレクター、エディ・スリマンの新ビジョンを反映する。第2のブティックは11月にベルリンのKurfurstendammにオープン。さらに2フロア、9600平方フィートの新旗艦店が2013年2月、パリのアベニュー・モンテーニュ53に開かれる。

YSLの社長兼CEOのPaul Deneveによれば新コンセプトはスリマンの「新クリエイティブ・ブランド・ビジョン」によるもので、ブランドを更新することでビジネス面も含め、パリ・ファッション界におけるシャネルやクリスチャン・ディオールの位置にブランドポジションを引き戻す計画だという。YSLは今後1年間で、新しいサンローラン・ブランドによる15店を開く予定。店のデザインは白黒の大理石、生コンクリートと1930年代にインスパイアされたディスプレー、家具を特徴とする。

「スリマンはサンローランのワードローブを再定義するだけでなく、靴、レザーグッズ、ジュエリーの新しい提供にも取り組んでいます」とDeneve。ヨーロッパはYSLにとって最も重要な市場で収益の46%を占めており、北米が21%、アジアが21%、日本が8%となっている。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中