人口13億人、同姓同名も多発

人口13億人の中国ですが、名字として使われているのは3千ぐらいだとされています。一方の日本には1億2000万の人口で10万から30万の名字があるとされます。2007年の中国公安省の調査では、中国で上位100の名字は、人口の85%を占め、上位4位の李・王・張・劉だけでも、人口の25%を超えたという調査結果があります。

名字が少ない中国では、一文字の名前にすると、同姓同名の確率が高くなります。近年、人気なのは、子涵、欣怡、梓涵、子軒、浩宇、浩然などですが、それらの名前が増えることで、結果的に同姓同名になる恐れも出ています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中