ピアソン、エコノミスト誌売却で合意:伊投資会社が筆頭株主に

英メディア大手ピアソンは12日、経済誌「エコノミスト」を発行する傘下のエコノミスト・グループの株式50%を売却すると発表した。普通株27.8%とB特別株100%を伊自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の創業者一族アニェッリ家の投資会社エクソール(Exor)に譲渡した上で、残りの普通株はエコノミスト・グループが買い戻す。取引総額は4億6,900万ポンドに上る。

エクソールは計2億2,750万ポンドを現金で支払う。これにより同社のエコノミスト・グループへの出資比率は4.7%から43.4%に引き上げられ、筆頭株主となる。取引はエコノミスト・グループの株主や関係当局の承認を経て、年内の完了を見込む。

一方、エコノミスト・グループは1億8,200万ポンドをピアソンに支払う。

ピアソンは中核事業の教育分野に注力したい考えで、7月には経済紙「フィナンシャルタイムズ(FT)」を発行する傘下のFTグループを日本経済新聞社に売却したばかり。エコノミスト・グループ株の引受先候補にはエクソールのほか、エクソールと同社に共同出資する英製菓大手キャドバリーの創業者一族、資産運用会社シュローダーズ、ロスチャイルド一族などの投資家に加え、米ブルームバーグや独アクセル・シュプリンガー、英トムソン・ロイターといったメディア大手の名が挙がっていた。

ピアソンによると、エコノミスト誌の発行部数はおよそ160万部。昨年の営業利益は6,000万ポンドだった。しかし、広告収入が前年比18%落ち込んでおり、事業の多様化を迫られている。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中