今後も大麻布を中心に製作していくという

ファーストコレクションは日本の服飾の歴史と関わりの深いものをデザインソースとし、着物や浴衣、作務衣、袈裟、旧日本軍の軍服を再構築した。柄のモチーフは江戸中期に突如現れて幻のように消えたと伝えられる謎の絵師「東洲斎写楽」の浮世絵で、イラストレーターのYutaokudaによって描かれた。

浮世絵をドットで表現したプリントや、浮世絵に描かれている着物柄を抽出した刺繍も登場。カラーは黒と白の2色使いで、コレクション全体に和のテイストを強めながらも現代のスタイルに取り入れやすいアイテムに落とし込まれた。新ラインでは、今後も大麻布を中心に製作していくという。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中