ロバート・ダウニー・Jr、新テレビドラマを監督

11

米俳優ロバート・ダウニー・Jr(Robert Downey Jr)が活動の場をテレビに移し、新ドラマシリーズ『シンギュラリティー(Singularity)』の監督を務めることが明らかになった。

ダウニーは、映画プロデューサーとしてはベテランの妻スーザン(Susan Downey)と共に、チーム・ダウニー・プロダクションズ(Team Downey Productions)として、制作会社ソナー・エンタテインメント(Sonar Entertainment)との契約を締結。その一環として、今回のドラマ制作を発表した。

詳細はまだ明らかにされていないが、1988年の映画『ジョニー・ビー・グッド(Johnny Be Good)』でダウニーと共演したアンソニー・マイケル・ホール(Anthony Michael Hall)の出演が決まっており、ダウニーは第1話(パイロット版)を監督する。

ソナー・エンタテインメントのトーマス・レシンスキー(Thomas Lesinski)CEOは米エンターテイメント情報サイト「The Wrap」に対し、「チーム・ダウニーの提案する幅広いオリジナルコンテンツに期待しています」とコメントした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中