2500人近くを雇用していると連盟は話した

多くの大手ファッションレーベルは毛皮の使用を取りやめている。つい最近も「グッチ(GUCCI)」がファーの使用を廃止すると発表した。

11.jpg

ベジタリアンである英国デザイナー、ステラ・マッカートニー(STELLA McCARTNEY)は毛皮を使用したことはなく、コレクションではレザーの使用も禁止。本物のレザーと変わらないとする「ベジタリアン・レザー」を作り出した。

しかしフランス毛皮連盟は、動物愛護団体が推奨する「模造毛皮といった合成素材の多くはガソリンなど、微生物で分解できない材料からできていて、石油化学工業の利益へとつながり」環境に悪影響を及ぼすものだと警鐘を鳴らした。

連名メンバーの90パーセントは「『ウェルファー(WelFur)』の認証を受けたヨーロッパのミンクやキツネ農家を使っており」、2020年までには全メンバーが認証を受けた毛皮をされた使うことを目指している。

衰退するどころか、フランスの毛皮産業は成長しており、3億ユーロ(約337億500万円)の売上高で、2500人近くを雇用していると連盟は話した。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中